皆さんのためのキャッシング案内

皆さんのためのキャッシング案内

総量規制の影響はどの程度ある?

総量規制が施行されたことでキャッシングなどの審査に通りづらくなったと感じる方もいるようです。
借入は年収の3分の1以下という決まりにより、もう少し借りたいのに法律上借りられないというケースも出てきます。
ただすべての借入にこれが適用されるわけではありません。


しかしやはり、そこまでの必要性もないのに新たにキャッシングを利用するのはよろしくないですから、総量規制云々は別としてもご自身の収入に合った額で借入を行っていくことが大切です。
キャッシングの申し込みでは当然のように年収を記載することになります。
年収が高ければいいなどという単純なものでもないですが、年収が高くそれも安定しているという場合はもちろんプラスになります。

転職直後の申し込みはおすすめできない

このご時世ですから、転職も一大決心となります。
その転職とキャッシングというのは、実はちょっとした関連性があるものなのです。
キャッシングの申し込みをしたことがある方ならご存知かと思いますが、申し込みの項目のひとつに「勤続年数」があります。


転職した直後にキャッシングを申し込んだ場合、その勤続年数がかなり短いことになります。
極端な話、キャッシングの審査ではそれが短ければ短いほど不利になります。
同じ会社に長く勤めているほうが安定していると考えられているのです。
ですからキャッシングのお申し込み、カードの発行は転職先が決まる前に行っておくと安心です。


キャッシングではこうしたちょっとした工夫が大きく影響を与えることもあります。

キャッシングと収入の安定

キャッシングでは、パートやアルバイトでもお申し込みOKというものがほとんどの割合を占めています。
ですから勤務形態に捉われずにお申し込みいただけます。
ただたとえば短期のアルバイトを転々としているというような場合、収入が安定しているとは言えない状況になります。


そうなると不利になるかもしれませんので、長期アルバイトに切り替えてみるなどの工夫ができる方はそれを実行してみるのもおすすめです。
また収入が若干不安定だという場合、収入が少ない月でも問題なく返済していけるような申し込み金額の設定が必要になるでしょう。
キャッシングの返済で家計が圧迫されるといったことのないように、計画に関してはやりすぎなくらい丁寧に練っておくといいでしょう。

Copyright© 2014 皆さんのためのキャッシング案内 All Rights Reserved.